Akita Association for Clinical Engineers

第2回秋田県Y・ボード勉強会・交流会 【終了報告】

  • HOME »
  • 第2回秋田県Y・ボード勉強会・交流会 【終了報告】

「第2回秋田Y・ボード勉強会」が2019年11月09日(土)~10日(日)に天然温泉ホテルこまちにて開催されました。

40歳以下の若手会員で構成される「Y・ボード」ですが、秋田単独で開催される「Y・ボード勉強会」は若手会員が企画・運営を行い、座長や演者などの経験ができる貴重な機会となっています。以前から山形県と合同開催して、県境を越え若手会員の交流も行ってきました。

今回の参加者数42名(宿泊15名、懇親会参加25名)で、若手臨床工学技士の育成という観点から共催2社(日本光電工業株式会社、アシスト・ジャパン)からのご協力もいただき開催できました。

恒例の「業務紹介」を3施設、「ミニレクチャー(透析・循環器)」を4講演、共催社の望木さんに呼吸器のグラフィックモニターの入門編を、もう一方の共催セミナーは、大山理事に「透析従事者でも知っておくべき循環器の知識」を基礎から丁寧に解説してもらいました。岩手医科大学の吉田先生からは「PCI時に心がけていること」と題して、PCI中にどのような事を考えながら仕事をしているのかという観点からご講演をいただきました。それぞれの講演では活発な質問が出てくるなど、興味関心の高さが伺えました。

参加者からのアンケートの結果も、どの内容も非常に勉強になった、まさに自分のための講演であった等のアンケート回答が参加皆様から数多くあり、企画サイドとして安堵したところです。

Y・ボード勉強会は若手会員が自ら企画運営、勉強会も参加者はもちろん若手会員が講師も務め、若手らしい風通しの良いフレッシュな質疑応答やディスカッションが行われる勉強会です。

来年度のY・ボードは山形県が主となっての合同開催を予定しています。これからも多くの若手会員が興味をもって参加してもらえるY・ボード事業を展開していきたいと思いますので、引き続きのご支援とご協力のほどよろしくお願いします。

文:理事(秋田県Y・ボード担当) 永田 旭

————————————————————————————————————————————————————————-

第2回秋田県Y・ボード勉強会、交流会を開催します。

現在、秋田県臨床工学技士会会員の約8割はY世代(20~30歳代)で、今後もY世代の横の連携・協力が臨床工学技士の未来への活性化に必須となります。

プログラムはこちら

参加をご希望される方は、こちら よりお申し込みください。

関係皆様からの多数のご参加をお待ちしております。

会名称 第2回秋田県Y・ボード勉強会・交流会
日 時 令和元年11月9日(土)13時00分(12時30分受付開始)
    11月10日(日)正午ころ散会
会 場天然温泉ホテルこまち
共 催 公益社団法人秋田県臨床工学技士会
日本光電工業株式会社
アシスト・ジャパン株式会社 ※順不同 cc
参加費 日帰り  5,000円 (交流会費込み)
日帰り   500円 (交流会の参加なし)
宿泊   9,000円 (交流会費込み)
PAGETOP
Copyright © 公益社団法人秋田県臨床工学技士会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.