Akita Association for Clinical Engineers

臨床工学技士の業務

血液浄化療法

体内に貯まった老廃物などを排泄あるいは代謝する機能が働かなくなった場合に行う、血液透析療法、血液濾過療法、血漿交換療法、血液吸着法などの血液浄化療法は、全国の病院やクリニックなどの3000を超える施設で施行されています。臨床工学技士は穿刺や人工透析装置の操作・点検を行います。

呼吸療法

肺の機能が働かなくなり、呼吸が十分にできなくなった患者さんには呼吸を代行するための人工呼吸器という装置が装着されます。その際、臨床工学技士は人工呼吸器が稼働している場所へ行き、安全に装置が使用されているか、また、装置に異常がないかなどを確認します。また人工呼吸器のメンテナンス・管理等も行っています。

手術室

手術室には、大きな機器や小さな機器が数多く存在しています。手術が安全に行われるために、その手術内の広範な医療機器の操作や事前の管理が重要になります。特に心臓手術の際、心臓や肺に代わる働きをする体外循環装置(人工心肺)など多いときには数十台もの機器が同時に使われます。その際の機器の操作や使用前の点検などの仕事を臨床工学技士が受け持ちます。

集中治療室

集中治療室とは心臓や頭などの手術をした後の患者さんや、呼吸・循環・代謝などの機能が急に悪くなり、命に関わる患者さんを収容して集中的に治療するところです。臨床工学技士は、人工呼吸器や持続的血液浄化装置などの生命維持管理装置の操作や管理を行います。

心血管カテーテル

心臓カテーテル検査は心臓病の診断をするための検査方法であり、手術の適応、術式を決定する重要な検査です。臨床工学技士は検査一連の記録をするためにコンピュータを操作し、また検査室内にある装置の操作を行います。

高気圧酸素

高い気圧の下で酸素を吸入させることで、血液中の酸素を増やすのが高気圧酸素療法で、様々な疾患の治療に用いられます。臨床工学技士は、その装置の操作や点検などを行います。

ペースメーカ/ICD

不整脈に苦しむ患者さんはペースメーカ(PM)、植込み型除細動器(ICD)といった機器を体に植込む手術を行います。臨床工学技士は、そのような機器を取り扱う場面で機器の管理や操作を行います。

医療機器管理

生命維持管理装置に携わる臨床工学技士は、手術室、人工透析室、集中治療室、高気圧酸素治療室など、医療施設の様々な分野で活躍しています。これらにある医療機器の操作や、安全で性能が維持できるように保守・点検を行い、また集中管理をすることにより効率的で適切な運用ができるようにしています。

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 公益社団法人秋田県臨床工学技士会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.