Akita Association for Clinical Engineers

臨床工学技士とは

臨床工学技士について

病院の中には医師や看護師の他に、放射線技師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士など様々な種類の医療資格を持った人達が働いています。
ここで、ご紹介する『臨床工学技士』も病院で働く医療技術者です。

臨床工学技士とは

近年の医療は高度化、専門分化等を背景としてチーム医療の円滑な推進はより質の高い
効率的かつ効果的な医療を提供する上できわめて重要であります。
臨床工学技士法は医師その他の医療関係職種と連携し、チーム医療をより円滑に行うことを
目的として 昭和63(1987年)年9月13日に制定されました。
臨床工学技士は、現在の医療に不可欠な医療機器のスペシャリストです。
臨床工学技士になる為には、定められた学校を卒業し国家試験を受ける必要があります。
病院内では、医師・看護師や各種の医療技術者とチームを組んで生命維持装置の操作など
を担当しています。また、医療機器が何時でも安心して使用できるように保守・点検を行っており、安全性確保と有効性維持に貢献しています。

アーカイブ

PAGETOP
Copyright © 公益社団法人秋田県臨床工学技士会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.