Akita Association for Clinical Engineers

第12回秋田県人工呼吸器安全対策セミナー 開催終了の報告

  • HOME »
  • PickUp »
  • 第12回秋田県人工呼吸器安全対策セミナー 開催終了の報告

2018年3月4日(日)、秋田市の日本赤十字秋田看護大学において、第12回秋田県人工呼吸器安全対策セミナーが開催終了しました。前回開催が一昨年10月の開催であったため、今回は少し時間が経過して約1年6カ月振りの呼吸器セミナーとなりました。
教育講演1は、市⽴秋⽥総合病院救急科の円山啓司先生より「人工呼吸器誘発肺障害(Ventilator Induced Lung Injury,VILI)を意識した人工呼吸管理」と題して、最新のデータやエビデンスに基づいた内容で、新たな変革期にある人工呼吸療法について肺保護の観点から詳しくご講義いただきました。
ランチョンワークショップとして「最新の人工呼吸器を体感しよう」とのテーマで主に急性期分野で有名な人工呼吸器メーカー4社(コヴィディエンジャパン・ドレーゲルメディカルジャパン・日本光電工業・フクダ電子)より、実機を用いて最新機能をご紹介いただきました。
教育講演2では、コヴィディエンジャパンの渕田零先生(看護師)より、「臨床に活かすグラフィックモニタ~患者―人工呼吸器非同調~」と題して、現代の人工呼吸器では当たり前になったグラフィックモニタの活用方法について詳しくご講義いただきました。
 教育講演3では、秋田大学医学部附属病院の集中ケア認定看護師の菅広信先生より「今こそ整理しよう、人工呼吸器使用患者の観察ポイント」と題し、具体的な事例や動画を交え実際に考えながら観察ポイントや注意点など、さらに人工呼吸器患者のせん妄について詳しくご講義いただきました。
今回は各所でイベントが重なる中、スタッフ含め91名のご参加を頂きました。講師先生のご講演により充実したセミナー内容となり、臨床にも役立っていただける内容であったと思っていますが?いかがだったでしょうか?今冬は大荒れの天気が続いていましたので開催にあたって参加皆様の移動を心配しましたが、当日は気温も上がり比較的穏やかな天気となったこともあり無事に開催終了することができました。
ご講演頂きました講師の先生方、ご参加頂きました皆様、またご協力頂きましたメーカー様、スタッフの皆様に感謝致します。

報告:成田恵太(理事、人工呼吸器安全対策セミナー担当) 

———————————————————————————————————————————————–

“第12回秋田県人工呼吸器安全対策セミナー”を、平成30年3月4日(日) に秋田赤十字病院多目的ホールにて開催します。

開催案内(プログラム)は こちら

会の名称 第12回秋田県人工呼吸器安全対策セミナー
日  時 平成30年3月4日(日) 9時30分~16時00分(受付9:00~)
会  場 日本赤十字秋田看護大学 1階 152講義室
※会場が変更になりました、ご注意ください
主  催 公益社団法人秋田県臨床工学技士会
参 加 費 秋田県臨床工学技士会会員    4,000円
他参加    5,000円
※昼食弁当代金を含みます
後  援 公益社団法人日本臨床工学技士会
一般社団法人秋田県医師会
公益社団法人秋田県看護協会
公益社団法人秋田県理学療法士会
取得単位  ※3学会合同呼吸療法認定士点数:25点(1日)
※呼吸療法専門臨床工学技士:8単位
PAGETOP
Copyright © 公益社団法人秋田県臨床工学技士会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.