宮城県臨床工学技士会よりのご案内の内容になります↓↓↓

今回で、8回目となりますTAMPS webは、前々回使用したDvx社のEPトレーナーを使用した発作性上室性頻拍の解析となっております。

TAMPS6thで好評でした内容を更に充実させて解説します。

このDvx社のEPトレーナーは、同じ現象(頻拍中のEPSや誘発など)を繰り返し再現することができますので、心臓電気生理検査を医師や時間のプレッシャーに追われて解析が追いつけない!検査の意味が理解できない!などと悩んでいる方におすすめだと思います。

さらに今回は、不整脈業務に非常に精通した済生会熊本病院の堺 美郎 技士をコメンテーターにお迎えしております。

プロフェッショナルの目線も含めた解説にご期待ください!

今回もじっくりとゆっくりとみなさんとディスカッションしながら進めていきますので、ぜひ皆さんお誘い合わせの上ご参加ください。

よろしくお願いいたします。

案内は こちら