会員皆様、新型コロナウィルス禍の大変な時世の中いかがお過ごしでしょうか。

当会としては、秋田県の「ものづくりTeam Akita」の取り組みhttps://www.pref.akita.lg.jp/pages/archive/49364の中で、製品アドバイスやニーズ提案などで取り組み参加しています。

昨年7月に、秋田県事業として医療従事者である当会スタッフと、県内ものづくり企業・県内外の医療機器メーカーなどが連携した医療機器等の開発を目的として、「(公社)秋田県臨床工学技士会と県内企業との医療ニーズ発表会・交流会」が開催されました。残念ながら製品化までたどり着いたニーズはありませんが、企画が動いている現在進行形のニーズがあります。

本年度も10月にニーズ発表の場としての交流会の開催が決定になりました。今回は秋田県理学療法士会からもニーズ発表予定があり、さらに幅広いニーズの提案がありそうです。

そこで「医療や業務の改善に役立つ医療機器・器具などの開発・改良に関するニーズ(この問題を解決したい!)」を主テーマにニーズ募集することになりました。

コロナ禍だからこそ、会員皆様からも医療ニーズと医療に関わる製品アイディア・開発案を募集させていただき、当会WGと県庁地域振興課の調査の上、ものづくり企業や医療機器メーカーにニーズ提案していきます。

日常業務またはコロナ禍での業務の中で、医療機器・医療器材・ベッドサイドアイテム(医療介護アイテム)・医療材料などに関する、医療ニーズ、アイディア提案、製品開発案、既存製品の改良提案などがありましたら、提案シートに必要内容を記載してご連絡をお願いします。

提案シート →こちら

10月22日開催予定の交流会(ニーズ発表)のスケジュール上、9月7日(月)までを提出期限とさせていただきます。

募集期間が短く申し訳ありませんがご協力のほどよろしくお願いいたします。

会員皆様の医療に関するニーズで、業務の改善さらに地域産業の活性に繋げていきませんか?

多数のニーズ提案をお待ちしております!!