秋田県臨床工学技士会では別紙プログラムの内容で研究会を開催します。
日本臨床工学技士会の青木郁香先生から【タスク・シフティングって何だ??「医師の働き方改革」に伴う臨床工学技士の業務拡大】、あきた企業活性化センターの相馬文剛先生から【医工連携と臨床工学技士に期待するもの」についてそれぞれご講演いただきます。
さらに会員の皆様からお申し込みいただいた一般演題のご発表と、共催メーカーのプレゼンテーションなど、日々の業務にプラスになる内容で企画準備しました。

研究会の案内とプログラムは こちら
エントリーは こちら