あきた血液浄化スキルアップセミナーVre.4(共催:コヴィディエンジャパン株式会社)を平成30年7月21日(土)秋田県中央地区老人福祉総合エリア視聴覚室にて、臨床工学技士と看護師の13名の参加をいただき開催終了しました。
今回のセミナーは「超音波画像診断装置で実際に測定してみよう!」という主題で開催しました。コヴィディエンジャパン株式会社マーケティング部小泉俊之先生から、透析室でのVAエコーの活用について、エコーガイド下穿刺、機能評価(血流測定・血管抵抗係数)のテーマでレクチャーをもらい、ハンズオンで行なわれました。ハンズオンは2〜3名の5グループに分かれ、コヴィディエン社から各グループに1名配置してもらいエコー操作を学びました。
県内の透析施設でエコー装置を日頃から活用している施設は多くはない状況でしたが、参加者の中にはエコー装置の導入が決まっている施設やエコー装置があるので活用したい施設からの参加者もありました。そのため、ハンズオンでは積極的な質問や熱心にエコー下穿刺に取り組んでいる姿がみられました。
これからの透析業務のVA管理のひとつの管理情報として、エコーが普及していくものと確信しました。
今後も参加者の皆様にご満足していただける、セミナーを開催していきたいと思います。

報告:石山博之(監事)

——————————————————————————————————————————————–

あきた血液浄化スキルアップセミナーver.4を下記の内容で共催いたします。
数年前より血液浄化の領域に関わるグループワーク研修会として、以前よりエコー下穿刺や透析分野における統計解析などをテーマに開催してきました。
今回で4回目の開催となるセミナーテーマを「超音波画像診断装置LOGIQeV2VAで実際に測定してみよう!」とし開催いたします。超音波画像診断装置の基礎を含んだレクチャーと、それを活用してのバスキュラーアクセス管理について、さらに実際にエコーを走査しての形態評価(血管走行、血管径、深さ)や機能評価(血流量、RI:抵抗係数)、エコーガイド下穿刺のハンズオンセミナーを予定しています。超音波画像を活用したバスキュラーアクセス管理についてのスキルアップを目的として、より実践的な内容で開催いたします。

開催案内は こちら
案内チラシは こちら

臨床工学技士のみならず看護師をはじめとした透析療法に従事するスタッフ皆様からの多数のご参加をお待ちしております。