第9回ペースメーカ勉強会(共催:日本ライフライン株式会社)を2018年6月30日(土)に秋田県立脳血管研究センター講堂・会議室にて開催終了しました。
午前の講演は、山口敏朗先生(日本ライフライン株式会社不整脈education部)より「ペースメーカの基礎知識」の内容で、昼食を挟み午後の部は中島博先生(日本デバイス治療研究所専務理事)より講演と解剖実習(Wet Lab)を行っていただきました。
Wet Labは、初めての試みでしたが、中島先生より各グループテーブルを細やかに巡回指導いただき、順調に行うことができました。また、プログラマ操作コーナーを設置しましたが、こちらも受講者が熱心に操作技術のレクチャーを受けていました。
Wet Labを行ったことで、臨床工学技士以外の職種からの参加者が当初の予定よりも多く、更に県外の参加者もあり、スタッフを含め36名の参加で例年より多い参加人数となりました。
ご講演をいただきました、講師先生方また共催社の日本ライフライン株式会社および会場スタッフに感謝いたします。

報告:理事(循環器領域委員会委員長) 進藤勇人 

—————————————————————————————————————————————–

秋田県臨床工学技士会では、日本ライフライン(株)のご協力を得て、ペースメーカに携わるコメディカルを対象とした内容で下記の通り勉強会を開催します。今回は、日本デバイス治療研究所の中島博先生を講師にお迎えして、特別講演と実際の豚心臓を用いたWetlabなどを企画しております。また、プログラマ操作トレーニングも実機を準備して対応します。
昨今、病院スタッフがペースメーカに関わる機会は非常に増えており本勉強会を企画しご案内申し上げます。
なお、プログラマ、昼食準備の都合上、事前登録とさせて戴きます。参加を希望される方は事務局または日本ライフライン担当者までお申し込み下さい。

開催案内は こちら
プログラムは こちら

会の名称 第9回ペースメーカ勉強会
日 時 平成30年6月30日(土) 9:30~17:00
会 場 秋田県立脳血管研究センター 会議室
共 催 公益社団法人秋田県臨床工学技士会 日本ライフライン(株)
後 援 公益社団法人日本臨床工学技士会
参加費 正会員 500円、  非会員 1,000円
申込締切 平成30年6月15日(金)
内 容 ・ペースメーカの基礎知識
・特別講演
日本デバイス治療研究所  中島博先生
(千葉西総合病院不整脈センター統括顧問)
・豚心臓を用いたWetlab
・プログラマ操作
昼 食 お昼をこちらで準備いたします

※ 不整脈治療関連専門臨床工学技士単位:8単位
※ 駐車場に限りがございますので、混雑の際は公共の駐車場(有料)のご利用をお願いします。