第24回秋田県臨床工学研究会を平成28年9月4日(日)に開催終了しました。
以下は、一般演題公募エントリーいただいた4演題です。どの演題も日常業務の忙しい中で、患者のため、ご自分のスキルアップのために勉強されている成果が詰まった素晴らしい研究内容と演題発表でした。
「心臓電気生理学的検査(EPS)中に発生した植込み型除細動器(ICD)のundersensingによる競合ペーシング」
JA秋田厚生連 平鹿総合病院 臨床工学科 佐々木崇人
「胸腹部大動脈置換術後、脳脊髄ドレナージによる合併症をきたした症例の経験」
中通総合病院 臨床工学室 永田 旭
「当院の突発性難聴に対する高気圧酸素療法(HBO)の治療開始時期による検討 」
秋田赤十字病院 医療技術部臨床工学課 大久保 範子
「当院の脳神経外科術中モニタリング業務について」
秋田大学医学部附属病院 臨床工学センター 吉田 陽平

4演題の中から、研究内容、プレゼン内容等を評価させていただいた結果、
最優秀演題に「秋田赤十字病院 医療技術部臨床工学課 大久保範子」先生が表彰されました。
おめでとうございました。


———————————————————————————————————————————————–

第24回秋田県臨床工学研究会を平成28年9月4日(日)に開催します。

開催内容(プログラム)は → こちら

臨床工学技士が日常診療で胸部写真やCTなどの放射線画像に携わる機会は多くあります。また、ペースメーカ業務ではMRI検査に立ち会います。教育講演では、それら画像の見方や放射線区域に立ち入り注意点などについて、秋田県診療放射線技師会会長の豊嶋英仁先生にご講演いただきます。
さらに、お申し込みいただきました一般演題4題の発表(優秀演題賞の表彰)と、メーカープレゼンテーションを企画しました。
ご多忙中とは存じますが、是非ともご参加くださいますようご案内申し上げます。

日 時 平成28年9月4日(日) 9時30分~12時30分
会 場 秋田県総合保健センター2階 第一研修室
主 催 公益社団法人秋田県臨床工学技士会
備 考 ※駐車場に限りがありますので、混雑の際は公共駐車場(有料)をご利用ください。
※例年11月に開催していました本研究会ですが、北海道東北臨床工学会の開催日程を考慮し、
毎年9月定例開催を検討しています。