第11回秋田県透析セミナー(9月13日(日)秋田県中央地区シルバーエリア)が、約70名の透析に従事するメディカルスタッフにご参加いただき終了しました。県内のみならず宮城県からもご参加いただきました、ありがとうございました。
今回は臨床工学技士、医師、看護師、作業療法士と多職種の先生に「透析患者と運動」、「CKD/MBD」、「VAとIVR」、「透析患者の生と死」、「透析処方とオンラインHDFについて」と様々な角度から幅広くご講演頂きました。どの講演も理解しやすく、明日からの透析業務にすぐにでも活用できるより実践的な内容でした。学術セミナーではフロアにマイクを回しケーススタディを行われ、参加者からは「ドキドキしたけど面白かった」、「今までにない形で勉強になった」などの声が聞かれました。パネルディスカッションでは「透析における業務と連携」について県内の臨床工学技士、看護師にご講演いただき、その後フロアを交えながら県内の透析における業務・連携の実状、問題について討論を行いました。参加者からは「他施設の話が聞けて良かった」、「自施設の業務で疑問に思うことがあったが、今後の方向性が見えた」などの声が聞かれました。 
来年度以降も透析スタッフのニーズに則したセミナーにしていきたいと思いますので、ご期待ください。(笑顔)

——————————————————————————————————————————————-

第11回秋田県透析セミナーを下内容にて開催いたします。
例年、本セミナーは秋田県内の透析スタッフ100名前後と多くのご参加をいただき、例年、参加皆様のアンケート結果から好評をいただいています。
今回のセミナープログラムは医師、看護師、作業療法士、臨床工学技士の透析分野に携わっている先生方からご教授いただきます。その内容も幅広く、透析患者の運動療法、CKD-MBD関連、バスキュラーアクセス関連、終末期透析患者について、長時間透析についてご講演いただきます。さらにフロアを交えて透析業務の実情を踏まえての業務連携についてディスカッションを予定しています。
ご参加をご希望される方は事前受付とさせていただきます。多数のご参加をお待申し上げます。

開催案内は → こちら
開催プログラムは → こちら

日 時 平成27年9月13日(日) 9時20分(9時前より受付)~15時50分
会 場 秋田県中央地区シルバーエリア 多目的ホール
共 催 公益社団法人秋田県臨床工学技士会
中外製薬株式会社
協和発酵キリン株式会社
日機装株式会社
キッセイ薬品工業株式会社
(順不同)
参 加 費 当会正会員 2,000円
非会員 3,000円
単位付与 当セミナー参加により「日臨工認定制度単位」8単位、「透析技術認定士更新単位」8単位が付与されます。
託児ルーム 託児ルームをご用意します。ご利用希望される方は → こちら の案内を確認の上、関係書類に必要事項こちら をご記入いただき、事務所までご連絡ください。
備 考 講師先生からのご協力をいただき、可能な限り、資料の作成配布を予定しています。
ランチョンセミナーにて、お弁当を配布します。